「怖い絵展」ゾッとするけど目が離せない?話題の展覧会紹介

4. 「怖い絵展」作品紹介

ここでは、中野京子著『怖い絵』に登場する「怖い絵」のいくつかを紹介します。

①『夢魔』ヘンリー・フューズリ 1800-10年頃

 

②『レディ・ジェーングレイの処刑』ポール・ドラローシュ 1833年

 

③『オデュッセウスに杯を差し出すキルケー』 ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス 1891年

 

④『切り裂きジャックの寝室』ウォルター・リチャード・シッカート 1906-07年

これらの作品は全て、「怖い絵」シリーズに掲載されているのはもちろん、「怖い絵展」でもご覧になれます。「切り裂きジャック」など、実際におこった「恐怖」を題材にしている作品も多く、世界史の勉強にもなりますね。

 

5. 最後に

いかがでしたか?「怖い絵展」の「怖さ」は伝わりましたでしょうか? 中野京子が語っていたように、芸術作品はその背景について知ることでより楽しんで鑑賞できます。「普段は美術館に行かない」とか「美術館にはいくけどじっくり見るのが苦手」という方も、「怖い絵展」ならきっとじっくり味わって鑑賞できるでしょう。なぜなら、同氏が言っていたように、「恐怖を知らない人はいない」からです。加えて、筆者が思うに、「恐怖」とは多くの人にとって「避けたいもの」であると同時に、「興味を駆られるもの」でもあるからではないでしょうか?

 

【展覧会情報 「怖い絵展」】

  • 兵庫会場

場所;兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1[HAT神戸内])

会期:2017年7月22日(土)~9月18日(月・祝) ※月曜休館(9月18日は開館)

開館時間:午前10時~午後6時 (金・土曜日は夜間開館、午後8時まで)※入場は閉館の30分前まで

  • 東京会場

場所:上野の森美術館(東京都台東区上野公園1-2)

会期2017年10月7日(土)~12月17日(日)※会期中無休

開館時間:午前10時~午後5時(※入場は閉館の30分前まで)

 

公式HP:http://www.kowaie.com/

公式Twitter アカウント:https://twitter.com/kowaie_ten

1

2

関連記事

  1. ワタリウム美術館 知る人ぞ知る異彩の現代美術館

  2. INTERMEDIATHEQUE(インターメディアテク) 博物館の新し…

  3. ベネッセアートサイト直島の作品5選 瀬戸内海に浮かぶ美術館

  4. 資生堂ギャラリー 新しい美の発見と創造

  5. 銀座 メゾンエルメスの紹介 180年間続く美の追及 

  6. 「走る美術館」現美新幹線 号車別アーティスト紹介

  7. 銀座蔦屋書店 「本とアート」の魅力が詰まった新空間

  8. パークホテル東京の魅力 アートで「日本の美」を発信

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。