ベネッセアートサイト直島の作品5選 瀬戸内海に浮かぶ美術館

魅力がいっぱいの四国地方。道後温泉に栗林公園、鳴門の渦潮に四万十川など、歴史ある街並みから広大な自然まで見どころがいっぱいです。全国クラスの観光名所の中でも特におすすめなのが、瀬戸内海に浮かぶ直島、豊島、犬島。こちらの3島では「ベネッセアートサイト直島」という名のアート活動が繰り広げられています。一歩島に足を踏み入れると、そこはもうアートの世界。そんなベネッセアートサイト直島について紹介します。

ベネッセアートサイト直島とは?

htm_tripさん(@htmtrip)がシェアした投稿

ベネッセアートサイト直島とは、直島、豊島、犬島で展開している様々なアート活動の総称です。株式会社ベネッセホールディングスと公益財団法人福武財団が主催・運営しています。「ベネッセアートサイト直島」という名称ですが、活動な直島だけでなく、豊島、犬島、そして極一部は女島でも行われています。

ベネッセアートサイト直島の基本方針は、「瀬戸内海の風景の中、ひとつの場所に、時間をかけてアートをつくりあげていくこと―各島の自然や、地域固有の文化の中に、現代アートや建築を置くことによって、どこにもない特別な場所を生み出していくこと」。その方針通り、瀬戸内の自然や、地域の人々の暮らしと融合し合ったアート作品が多く見られます。地域とアートが共に成長し合える場。それがベネッセアートサイト直島なのです。

 

ベネッセアートサイト直島の作品紹介

ベネッセアートサイト直島の作品①『南瓜』 草間彌生

Yukiさん(@dotpumpkin)がシェアした投稿

iszkt2gさん(@iszkt2g)がシェアした投稿

ベネッセアートサイト直島で、おそらく最も有名な『南瓜』。草間彌生氏が1994年に制作。黄色い南瓜、赤い南瓜共に直島に展示されています。同氏のトレードマークともいえるドット柄の南瓜と、直島の透き通る海のコントラストが印象的です。

 

ベネッセアートサイト直島の作品②『 直島銭湯「I♥湯」』 大竹伸朗

銭湯の常識を覆す、『直島銭湯「I♥湯」』。「アートと銭湯」という斬新なコンビネーションの作品には、大竹伸朗の世界観が隅々まで投影されています。観光客と住民の交流も図ることができる銭湯。コミュニケーションの場、そしてアート体感の場として存在感を放っています。

 

次ページ:空の美しさが際立つ 豊島美術館 

 

1

2

関連記事

  1. 銀座 メゾンエルメスの紹介 180年間続く美の追及 

  2. 松本市美術館 草間彌生ワールド全開?地域に根差した美術館とは

  3. 「怖い絵展」ゾッとするけど目が離せない?話題の展覧会紹介

  4. パークホテル東京の魅力 アートで「日本の美」を発信

  5. 金沢21世紀美術館 まちと人をつなぐアート作品6選

  6. 銀座蔦屋書店 「本とアート」の魅力が詰まった新空間

  7. トリックアート美術館5選!撮って触って楽しいアート

  8. INTERMEDIATHEQUE(インターメディアテク) 博物館の新し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。