パークホテル東京の魅力 アートで「日本の美」を発信

②パークホテル東京 3119号室『百人一首』

部屋の壁を屏風に見立て、百人一首の世界観を表現したのは、ニューヨーク在住の書道家・院京昌子氏。部屋の入り口から歌番号順に百人一首が連なり、部屋全体を埋め尽くします。雲から降り注ぐ雨もよく見れば百人一首の文字。バスルームには雪景色の富士と、富士を詠んだ歌が描かれています。

黒く塗りつぶされた天井には金色で描いた仮名文字が、夜空に浮かぶ星のように散りばめられ、幻想的な空間を演出しています。日本語の美しさや仮名書のやわらかさにつつまれ、心穏やかに過ごせる落ち着いた部屋になっています。

 

③パークホテル東京 3115室『城』

画家の水口和紀氏が手がけた3115室で出迎えてくれるのは、焼失してしまった江戸城の在りし日の姿です。入口から続く石垣を抜けると現れるその重厚な姿は、日本の美の象徴とも言える美しさ。黒く塗られた壁には金箔が施され、自らも城の中にいるような豪華絢爛な部屋に仕上がっています。

さらに夜になると窓ガラスに城の絵が映り込み、ちょうど皇居のある方角にお城が浮かび上がるという仕掛けも。まるで江戸城が蘇ったかのような光景は、歴史好き、城好きにはたまりません。当初のイメージがパークホテル東京に滞在するうち変化し、一度壁面を塗りつぶし描き直したというこの作品は、まさにこの場所でしか生まれなかった作品と言えます。

 

④パークホテル東京 3101号室『縁』

4年以上をかけて行われてきたパークホテル東京『アーティスト・イン・ホテル』プロジェクトの最後を飾ったのが、テキスタイルアーティストの小林万里子氏が手がけたアーティストルーム『縁』です。テキスタイルと絵を組み合わせた作品は立体的で、見とれてしまうほどの美しさを放っています。

 

自分の意思を超えて紡がれていく『縁』を表現したという赤い糸は、部屋中をめぐり自然や生き物、そしてこの部屋を訪れた人々を繋いでいきます。簡単に繋がることのできる現代において、改めて『縁』という見えない力を感じられる素敵な空間です。

 

日本人だからこそ訪れたいパークホテル東京

様々なアーティストが参加する展覧会やアーティストルームは、美術館とはまた違った雰囲気の中でアートを体感できる空間です。海外のゲストに人気のパークホテル東京ですが、日本の美意識を追求するその姿勢は、私たち日本人にももう一度日本の魅力を再認識させてくれます。2020年に向けて日本が世界から注目を集めている今、最先端のアートと最上級のおもてなしの中で、改めて日本の美意識を体感してみてはいかがでしょうか。

 

公式サイト:http://parkhoteltokyo.com/

公式Facebook:https://www.facebook.com/parkhoteltokyo.jp

1

2

関連記事

  1. 銀座 メゾンエルメスの紹介 180年間続く美の追及 

  2. 奈義町現代美術館 アートを身体で感じる3つの部屋

  3. 松本市美術館 草間彌生ワールド全開?地域に根差した美術館とは

  4. 富山県美術館 7つの魅力 人・アート・デザインをつなぐ場所

  5. 「走る美術館」現美新幹線 号車別アーティスト紹介

  6. ワタリウム美術館 知る人ぞ知る異彩の現代美術館

  7. INTERMEDIATHEQUE(インターメディアテク) 博物館の新し…

  8. 銀座蔦屋書店 「本とアート」の魅力が詰まった新空間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。