吉田ユニ 発想力が光る人気アートディレクター 作品紹介

吉田ユニ×渡辺直美

Instagramのフォロワー数は日本一、今やファッションアイコンとしても注目される渡辺直美氏(以下敬称略)。吉田ユニはそんな彼女がプロデュースするファッションブランド「PUNYUS」のグラフィックも担当しています。

PUNYUS SPRING & SUMMER COLLECTION 2017

シーズン毎に発表されるビジュアルデザインでは、渡辺直美を美味しそうな食べ物に見立てたシリーズを展開。2017年の春夏コレクションのテーマはバーベキュー。ポールダンスのポールを串に見立て、お肉になった渡辺直美がポールダンスを披露しています。吉田ユニらしいユニークさに渡辺直美のセクシーさが加わり、面白いのにスタイリッシュという、2人にしか表現できないような世界観になっています。

「装苑」 2017年1月号

渡辺直美とは「装苑」や「ViVi」でもコラボレーション。「装苑」では渡辺直美の持つクラッチバッグがパンでできていて、最終的にはそれを食べてしまうというユニークなアイデアが話題となりました。また、2016年に開催された「渡辺直美展 Naomi’s Party」では、イベント全体のクリエイティブ・ディレクターを務め、脚がチキンになったポスタービジュアルやピンクで統一された会場デザインが注目を集めました。

参考:
PUNYUS 公式HP
『装苑』1月号は「ART & TEXTILE」特集。木村カエラ、アートなテキスタイルを着る。吉田ユニ×渡辺直美、圧巻のコラボレート。(装苑Online)
「渡辺直美展 Naomi’s Party」全国に巡回 – 私服やメイク映像、好物グルメなど(Fashion Press)

 

吉田ユニ×AMPHI FUL FRU

ワコールの直営店ブランド「AMPHI(アンフィ)」のインナー・コーディネートショップ「AMPHI FUL FRU(アンフィフルフル)」。洋服を選ぶようにコーディネートを楽しめることをコンセプトとし、カラフルで様々な組み合わせを楽しめる下着のセレクトショップです。

AMPHI FUL FRU SPRING & SUMMER COLLECTION 2016

AMPHI FUL FRU SPRING & SUMMER COLLECTION 2017

吉田ユニは、ブランド名に込められた「たくさんの(FULL)フルーツ(FRUIT)のような心のビタミンを贈りたい」というコンセプトをデザインで表現。ショップは「北欧の果物屋」をイメージし、白を基調とした店内にカラフルな下着がフルーツのように並びます。また、ポスタービジュアルでは逆にフルーツを下着に見立て、遊び心あふれるポップなデザインに仕上げました。

参考:インナーウェアの選び方が変わる もっと自由に、もっと楽しく、インナーウェアのコーディネイトショップ 『AMPHI アンフィ FUL FRU フルフル 』オープン (ワコール プレスリリース)

 

吉田ユニが教えてくれる「世界の楽しみ方」

今回紹介した作品を振り返ってみると、一貫して吉田ユニらしさというものを感じると同時に、コラボレーションする企業やアーティストのイメージにもきちんと寄り添っていることが感じられます。だからこそ吉田ユニの作品を見ると、そのインパクトに惹きつけられるだけでなく、企業やアーティストに対しても魅力を感じるのでしょう。

「装苑」 2017年3月号

女性らしい可愛さと繊細さの中に、大胆さとユーモアをプラスした吉田ユニの作品は、発表されるたびに話題となりファンを増やし続けています。若くして独立し、「全て自分で責任を持ちたい」という思いから、多忙な今も社員やアシスタントを置かず一人で全ての仕事をこなすなど、アグレッシブな一面も持ち合わせています。

「装苑」 75周年記念企画ビジュアル

小さい頃からものづくりが大好きで、ひとつのことに没頭する性格だったという吉田ユニ。その唯一無二の自由な発想力は、幼少時代から自然に育まれてきたものなのかもしれません。見慣れたものや風景でも、少し見方を変えるだけで全く違う世界が広がる。そんな「世界の楽しみ方」を教えてくれるような吉田ユニの作品たち。次はどんな発見を私たちに教えてくれるのか、今後の活躍に注目です。

 

参考・関連:

吉田ユニ公式HP

吉田ユニ公式Twitter

吉田ユニ公式Facebook

吉田ユニ公式Instagram

1

2

関連記事

  1. テオ・ヤンセンの生み出す芸術作品  奇妙な人工”生命”とは

  2. madsaki の作品7選 世界で注目を集めるパワフルなアート

  3. TREE by NAKED 食×アートを楽しむ体験型レストラン

  4. 北村直登って?『昼顔』で話題の色彩を操る画家

  5. ル・コルビュジエ 「常識」を創造した建築家の軌跡

  6. 美しいショーウィンドウ8選 ガラスの向こうに広がる別世界 

  7. 鈴木康広の作品6選 新しいモノの見方を提案するアーティスト

  8. 銀座蔦屋書店 「本とアート」の魅力が詰まった新空間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。