舘鼻則孝 ヒールレスシューズがつなぐ伝統文化と現代アート

パリでの文楽公演 舘鼻則孝と三世桐竹勘十郎のコラボレーション

ヒールレスシューズは舘鼻則孝の名前を高めましたが、彼の活躍は靴の制作にとどまりませんでした。舘鼻則孝は近年、作家としてアート制作分野で積極的な姿勢を見せつづけています。

2016年3月に舘鼻則孝はパリのカルティエ現代美術財団にて、文楽の人形遣いの名手・三世 桐竹勘十郎(さんせい きりたけ かんじゅうろう、以下敬称略)とコラボレーションしたパリ文楽公演を成功させました。文楽は人形浄瑠璃ともいい、2009年にユネスコ無形文化遺産に選定された日本の伝統芸能で、太夫(台本を語る人)・三味線(舞台音楽)・人形遣いの3種類の演者が人形による物語を紡いでいくところ、1体の人形を3人の人間が操るところに大きな特徴があります。

『TATEHANA BUNRAKU : The Love Suicides on the Bridge / Nomadic Nights』と題されたこのパリ文楽は、3人の遊女の短編物語を演じるものでした。公演には13人の文楽関係者が舞台に関わり、三世桐竹勘十郎が主演を、そして舘鼻則孝が監督を務めました。舘鼻則孝は舞台美術や衣装も担当し、伝統工芸士とともに印象的な友禅染の衣装などを制作しています。

参考:
舘鼻則孝が監督 パリ文楽公演(Asahi Shimbun Digital)
舘鼻則孝による文楽公演が、仏カルティエ現代美術財団で開催。(VOGUE JAPAN)

 

舘鼻則孝の次の挑戦 レストラン「COURTESY」

東京都港区赤坂・虎ノ門エリアにある、地上38階建ての大規模複合ビル、赤坂インターシティAIR。この赤坂インターシティAIR内に2017年9月にオープンしたレストラン「COURTESY(コーテシー)」が、舘鼻則孝の新たな挑戦場所です。

「COURTESY」では、舘鼻則孝はクリエイティブディレクターとして、初めてコンセプトから建築空間まですべてを手掛けました。構想からレストランの完成までに1年という時間がかかりましたが、ここで2016年のパリ文楽公演の舞台芸術経験が生きたといいます。

白いカーテンとガラス張りの外観、そして厨房との距離感の近さが印象的な「COURTESY」ですが、ここは美味しい食事を楽しむだけではなく、アーティスト・舘鼻則孝の新しい挑戦を見つめる場所でもあります。「COURTESY」では舘鼻則孝がこのお店のために作った新作品が展示され、しかも作品は順次入れ替えられていく予定です。

2017年11月現在は、舘鼻則孝その人をCTでスキャンしたデータから作られた作品シリーズ『Traces of a Continuing History』が展示されています。この『Traces of a Continuing History』は、舘鼻則孝がアーティストとして絶えず見つめている「生と死」をイメージした作品です。例えば「COURTESY」のエントランスをくぐった人々がまず目にする、輝く赤いクリスタルの『Traces of a Continuing History: Heart, 2017』は、舘鼻則孝の心臓データを基にした作品。店内中央、厨房の上にあるガラスケース内の3,600個の波佐見焼のビーズをつないだ作品は、見る人に細胞を思わせる仕掛けになっています。

気になる「COURTESY」でのお食事内容も少しご紹介しましょう。2017年11月現在の「COURTESY」では、ディナータイムはエグゼクティブシェフ・山本篤史氏の手掛けるフレンチコースが、平日ランチタイムではヘッドベーカー・青柳吉紀氏の作るパンを利用したサラダプレートランチが提供されています。モーニングセットや休日スペシャルランチなど、ほかにも多様なメニューが取り揃えられているため、何度通っても舘鼻則孝のアートと美味しい食事をじっくりと楽しめそうです。季節のメニューや営業時間などは、あらかじめ「COURTESY」の公式Facebookでチェックすることができます。

参考:
COURTESY 公式HP
舘鼻則孝が新たな挑戦、建築空間を手掛けたレストラン「コーテシー」がオープン(Fashion Snap.com)

 

舘鼻則孝の創造する次の未来を楽しみに

ヒールレスシューズを作った大学時代から、舘鼻則孝が目指していたものは、日本の古典文化の精髄と現代美術のエッセンスを融合させて、未来を創造することだったと言えるでしょう。現在手掛けている『Traces of a Continuing History』シリーズの後ろにも、日本的な生死感が垣間見えます。「COURTESY」での様々な挑戦を糧にして、舘鼻則孝は今後、私たちにどのような未来を見せてくれるのでしょうか。

1

2

関連記事

  1. まるで舞踏会 !ファッションの祭典「メットガラ」

  2. コンバースを自分好みにカスタマイズ! White atelier BY…

  3. 『花椿』とは?時代と共に進化する資生堂 広報誌紹介

  4. アイリス・アプフェル 96歳のファッショニスタって?

  5. デザイナー・ヨーガンレール 自然と共に生きた人生

  6. サプール ”世界一おしゃれな男たち”が「サップ」する理由

  7. ファッション性高いマスクが続々 おしゃれも抜かりなく

  8. スカーフ巻き方5選!大活躍間違いなしのアレンジ術 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。