PIGMENT 画材屋の枠を超えた体感型アートラボ

皆さんは「画材屋」というとどんなイメージをお持ちでしょうか。プロの画家や本格的に絵を描く人が行く場所で、興味があっても入りにくいと思っている人も多いかもしれません。そんな画材屋のイメージをガラリと変えるショップが、天王洲アイルにある「PIGMENT(ピグモン)」です。オシャレで開放的な空間には美術品のように画材が並び、初心者からプロまで楽しめる様々な工夫がされています。今回はそんな新しい画材屋『PIGMENT』の魅力や楽しみ方をご紹介します。

 

PIGMENTとは 


PIGMENTは、2015年7月にオープンした日本の伝統画材を取り揃える「画材ラボ」です。運営しているのは、美術品などの保管や文化芸術事業で近年高い評価を受けている寺田倉庫。技術の発展や人材不足により減少傾向にある日本の伝統技法を後世に伝えるべく、和紙・墨・筆・絵具など様々な伝統画材を収集。PIGMENTではそれらの用法や歴史的背景、科学的特性などを、独自のアプローチで研究しています。

 


建築家の隈研吾氏がデザインを手がけたPIGMENTの店舗は、木の温もりを感じる温かみのある空間。竹のすだれをイメージしたという、波打つような天井のデザインが印象的です。200㎡の広いPIGMENTの店内でまず目を引くのが、壁面を埋めつくす4000色の顔料。グラデーションを描くように整然と並べられた顔料は、まるでひとつの美しい壁画のようです。

 


その他にもPIGMENTには、奈良の老舗「墨運堂」が昭和47年から販売しているほぼ一点ものの「百選墨」や、中国文化大革命前の硯など、希少な画材が揃っています。見た目にも美しい画材の数々が美術品のように並べられた様子は、まさに画材の美術館。そんなPIGMENTは眺めているだけでも楽しいですが、それらを実際に試し購入できることも魅力です。またPIGMENTでは画材の研究で博士号を取得したエキスパートがアドバイスをしてくれるので、初心者でも安心して訪れることができます。

参考:
PIGMENT Online Shop
寺⽥倉庫、⽇本ブランドの希少な画材を取り揃えたラボ 「PIGMENT(ピグモン)」を天王洲にオープン(PIGMENT プレスリリース)

PIGMENTの初心者向け商品「for Beginner」

PIGMENTでは店頭販売のほか、オンラインショップでも様々な画材を購入することができます。その中でも「for Beginner」のラインナップは、その名のとおり初心者でも気軽に本格的な画材を試せるものが揃っています。ここではそんなPIGMENT「for Beginner」の中からおすすめの商品をいくつかご紹介します。

砂子セット金銀


金箔や銀箔を砂のように細かくして散らす「砂子」。そんな伝統技法を気軽に体験できるのが砂子セットです。セットには金と銀の切廻し箔をはじめ、箔を入れて細かくする砂子筒、箔箸、膠液など、砂子に必要な道具がひと通り入っています。

 

パンケーキセット 中 12

(写真はパンケーキセット 小12色

アラビアゴムとハチミツを用いた、ヨーロッパの古典的製法で作られた水彩絵具「パンケーキ」12色とパレットのセットです。古典的な顔料もいくつか使われており、人口の保湿剤を使った現代の水彩絵具とはひと味違った色彩を楽しめます。

 

岩絵具12色セット (黄)

(写真は岩絵の具48色セット

日本画の画材として使われる岩絵具は、主に鉱石を砕いて作られる粒子状の絵具です。岩絵具には天然鉱物から作られた「天然岩絵具」と人工的に作られた「新岩絵具」があります。PIGMENTではどちらも取り揃えているので、その違いを比べてみるのも面白いかもしれません。

参考:
PIGMENT Online ShopI
岩絵の具:武蔵野美術大学公式HP

 

Panasonic「Let’s note」×PIGMENT  色彩美豊かな『ehada』

 

1

2

関連記事

  1. 3Doodler 空中に「落書き」できる?新感覚のペン

  2. 佐藤雅彦の作品3選『ピタゴラスイッチ』『だんご3兄弟』の生みの親とは

  3. おしゃれなキッチン用品紹介!ギフトにもぴったりの12選

  4. JINS渋谷店  新しい「見方」を発信するJINS旗艦店

  5. クリエイティブラボPARTY 「物語」を織りなすプロモーション6選

  6. 一心堂本舗のDesign face pack4選 遊び心の中の日本文化…

  7. tupera tupera(ツペラ ツペラ) 子どもも大人も夢中!へん…

  8. ウサギノネドコ 自然の美しさを伝える京都の新名所