コンバースを自分好みにカスタマイズ! White atelier BY CONVERSE

どんなファッションにも合わせやすいスニーカーの定番として、世界中で親しまれているコンバース。シンプルなデザインから個性的な柄まで、様々なバリエーションがあるのも魅力です。そんなコンバースが自分好みにカスタマイズできるショップが、原宿と吉祥寺にあるWhite atelier BY CONVERSEです。

様々なデザインや文字をプリントしたり、チャームでデコレーションしたりと、世界でひとつのコンバースを手頃な価格でカスタマイズできると、オープン当初から話題を集めているWhite atelier BY CONVERSE。今回はそんなコンバースのカスタマイズショップWhite atelier BY CONVERSEのコンセプトや、期間限定でプリントできるアーティストとのコラボデザインなどをご紹介します。

 

コンバースがカスタマイズできるショップWhite atelier BY CONVERSE

 

White atelier BY CONVERSEは、2015年7月に原宿にオープンした国内初のコンバース直営店です。「コンバースのあるライフスタイルをゼロから作り上げていくアトリエ」をコンセプトに、様々なデザインのコンバースを取り揃えるほか、コンバースを自分好みにカスタマイズできるスペースを併設したショップです。

 

 

その名の通り白を基調とした店内には様々なデザインのコンバースや関連グッズがずらりと並び、中には世界でここでしか手に入らないというオリジナルの商品も。地下1階にあるカスタマイズスペースでは、「Standard」「Typography」「Artist」の3つのカテゴリーから選んだデザインをコンバースにプリントすることができ、さらにチャームなどで自分好みにカスタマイズすることができます。

 

 

定番のオールスターロゴや星柄などがプリントできる「Standard」は、カラーバリエーションを含めると60種類以上。イニシャルや数字がプリントできる「Typography」は、右と左、アッパーとタンで違う文字を入れることも可能です。さらに2~8文字で好きな名前をプリントできるネームプリントサービスもスタートし、カスタマイズの組み合わせは無限大です。

 

2017年8月には2号店となる吉祥寺店がオープン。原宿店のコンセプトはそのままに、ファミリーでも楽しめるショップとしてキッズシューズ向けのカスタマイズサービスを行うほか、シューズフィッティングサービスやキッズスペースを設けるなど、ファミリーでも訪れやすいショップになっています。

参考:White Atelier by Converse 公式HP

 

 

あっという間に完成!コンバースカスタマイズの流れ

①ベースとなるコンバースを選ぶ


カスタマイズのベースとなるのは、ショップオリジナルのオールホワイトのオールスター。まずは自分の足に合ったサイズのシューズを選びます。「REACT(リアクト)」というオリジナルのインソールを採用しているので、クッション性が高く履き心地も抜群です。2016年3月からは一部のデザインがローカットにもプリント可能となり、さらにカスタマイズの幅が広がっています。

 

②デザインを選んでプリント

自分にぴったりのシューズを選んだら、次はいよいよデザイン選び。カタログの中から左右それぞれのアッパーとタンのデザインを決めます。カスタマイズスペースには専用の機械があり、あっという間にプリントが完了。擦れても落ちにくいように熱と薬品で定着させます。

 

③チャームとシューレースでさらにカスタマイズ!


White atelier BY CONVERSEでは、様々なシューレースや、シューレースに通して飾れるチャームも販売しています。個性的なチャームをたくさんつけたり、アルファベットチャームを使って名前を作ったりと、さらに個性的なカスタマイズも可能です。

カスタマイズの料金はシューズ代、プリント代など合わせておよそ1万円程度。時間も最短1時間ほどで出来てしまうので、気軽に世界でひとつのカスタマイズコンバースを作ることが出来ます。

参考:
国内初のコンバースの直営店「White atelier BY CONVERSE」を瀬戸あゆみが体験してみた(HARAJUKU KAWAII STYLE)
小林涼子が体験。裏原宿で作る!私だけのカスタマイズALL STAR(TOKYO DAY OUT)

 

次ページ:期間限定!カスタマイズプリントできるアーティスト作品紹介

 

1

2

関連記事

  1. 「フェムテック」って?女性の健康に特化した技術活用例を大調査

  2. おしゃれなエコバッグを調査!有料化に向けて欲しいバッグ4選

  3. giraffe(ジラフ) 縛られない自由なネクタイ

  4. スカーフ巻き方5選!大活躍間違いなしのアレンジ術 

  5. バティック インドネシアが誇る伝統のテキスタイル

  6. 『花椿』とは?時代と共に進化する資生堂 広報誌紹介

  7. 舘鼻則孝 ヒールレスシューズがつなぐ伝統文化と現代アート

  8. サプール ”世界一おしゃれな男たち”が「サップ」する理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。