giraffe(ジラフ) 縛られない自由なネクタイ

ビジネスシーンに欠かせないアイテムのひとつであるネクタイ。サラリーマンの方にとっては毎日身につけるものであり、男性に贈るプレゼントの定番でもあります。しかし、街に溢れるネクタイは、どれも地味で同じようなものばかり。自分で選ぶ場合もプレゼントとして選ぶ場合も、どうしても無難なものを選んでしまいがちです。

そんなネクタイ業界で異彩を放つブランドがgiraffe(ジラフ)です。ネクタイの常識を覆すような斬新なデザインと、MADE IN JAPANの確かな品質で、2006年の設立以来、着実にファンを増やし続けています。今回は、そんなネクタイブランドgiraffe(ジラフ)の魅力を徹底解説します。

 

giraffe(ジラフ)とは

 

giraffe新丸ビル店では11/22(水)~11/28(火)の7日間、 丸の内カードのポイント5倍キャンペーンを開催致します。
http://giraffe-tie.com/news/marunouchipointup_1117

丸の…

Posted by giraffe on Thursday, 16 November 2017

 

giraffe(ジラフ)は、「世界一キュートなネクタイブランド」を目指し2006年にスタートしました。仕掛け人は、Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)やPASS THE BATON(パスザバトン)など、様々なジャンルで新しいライフスタイルを提唱している、株式会社スマイルズ代表の遠山正道氏(以下敬称略)です。

 

遠山 正道さん(@masatoyama)がシェアした投稿


サラリーマン時代に、周りが皆地味なネクタイをしていることに疑問を抱いていた遠山正道。「人に首を締められるのではなく、自らの首をぎゅっと締め上げ、キリンのように遠くを見つめよう。」という思いを込めて、英語でキリンを意味するgiraffe(ジラフ)という名のネクタイブランドを立ち上げました。

 

【年末年始営業のお知らせ】

giraffe直営店舗の年末年始の営業をお知らせいたします。
http://giraffe-tie.com/news/nenmatsunenshi1215

■代官山ヒルサイドテラス店
12月30日~1月2日…

Posted by giraffe on Friday, 15 December 2017

 

giraffe(ジラフ)のネクタイは、34℃、36℃、38℃、40℃の4段階の体温で分けられています。34℃は、モノトーンを中心としたクールで都会的なラインナップ。平熱の36℃はビジネスシーンなど普段使いにぴったりの定番商品が並びます。少し高い38℃はカジュアル向けの少し派手なデザイン。そして40℃は、特別な日やパーティーシーン向けのユニークなデザインが揃っています。

 

▼SELECTED ITEMS▼「2012-13 AW COLLECTION」
今期テーマ [ PROM ] の第一弾が入荷しました◎
http://giraffe-tie.com/selected-items/

Posted by giraffe on Wednesday, 5 September 2012

 

Posted by giraffe on Tuesday, 18 August 2015

 

giraffe(ジラフ)では、メンズだけでなくキッズやレディス用の商品も販売しています。また、シャツやタイピンなど、遊び心溢れる雑貨も取り揃えるほか、100種類以上の生地から自分好みのネクタイをオーダー出来るサービスも。さらに『giraffe(ジラフ) WORK TO SHOP Sendagaya』では、職人に教わりながらネクタイづくりを体験できるワークショップなどを開催。ものづくりの楽しさや、働く楽しさを伝える活動も行なっています。

参考:
giraffe(ジラフ)公式HP
Fashion Press
giraffe~世の中を変えるネクタイ~(シブヤ大学)

 

giraffe(ジラフ)を彩る3つのデザイン

giraffe(ジラフ)には、クレリック・リバーシブル・小剣色違いという3つの定番デザインがあります。ここではそれぞれの特徴とともに、これまでに発表された人気アイテムをご紹介します。※現在取り扱っていない商品もありますのでご了承ください。

 

 

①Cleric(クレリック)

素材やデザインの違う2種類の生地を使っているクレリックは、結ぶと切り返し部分がちょうど胸元に来るようになっており、スーツのVゾーンを華やかにしてくれます。無地×無地の合わせやすいものから、ドット×チェックなどハイセンスなものまで様々なデザインが揃っていて、スーツだけでなくカーディガンやベストにもマッチするネクタイです。

 

『クレリックレジメンドットタイ』

 

Posted by giraffe on Sunday, 10 August 2014

 

グレーのレジメンタル柄とドット柄が、胸元で切り替わるデザインのネクタイ。オーソドックスなレジメンタル柄も、上部がドット柄になるだけでガラッと印象が変わります。

 

 

『giraffe airline 空×SILVER』

 

giraffe airline02 空×GOLD ¥19,440

Posted by giraffe on Friday, 22 April 2016

 

ネクタイに飛行機型のタイピンがセットになっているgiraffe(ジラフ)のairlineシリーズ。真っ青な空と、織りの技術で表現されたリアルな雲柄が、胸元で切り替わるデザインになっています。

 

 

②Reversible(リバーシブル

クレリック同様2種類の生地を使用したネクタイですが、リバーシブルの特徴は大剣の幅が同一であること。普通ネクタイは幅の広い大剣を手前にし、幅の狭い小剣は後ろに隠します。しかしリバーシブルは幅を同一に作ってあるので、1本で2種類のコーディネートが楽しめます。

 

『リバーシブルレジメンタルドットナロータイ』

 

リバーシブルレジメンタルドットナロータイ02 BEIGE
http://shop.giraffe-tie.com/goods/DMN0118S

Posted by giraffe on Sunday, 17 December 2017

 

リバーシブルレジメンタルドットナロータイ
RED
http://shop.giraffe-tie.com/goods/DMN0215S

Posted by giraffe on Sunday, 17 December 2017

 

どんな服装にも合わせやすい定番のレジメンタル柄とドット柄のリバーシブルタイ。少し細身のシルエットやちりめんのような質感など、giraffe(ジラフ)ならではのこだわりが詰まった一本です。

 

『リバーシブルレジメン千鳥タイ』

 

ZOZOTOWNでは、昨年の大人気商品、「リバーシブルレジメン千鳥タイ」が、再入荷決定のため予約受付中です。よろしくお願いします!
http://zozo.jp/_search/search_result.html?p_tpcsid=7133&p_tsns=1

Posted by giraffe on Wednesday, 21 August 2013

 

こちらはレジメンタル柄が入ったグレンチェックのデザインと、落ち着いた千鳥柄のリバーシブルタイ。数あるgiraffe(ジラフ)の商品の中でも人気の高いアイテムです。

 

③Color Tip(小剣色違い)

大剣と小剣でデザインが異なる小剣色違いは、小剣をループに通さないことで、チラリと覗く小剣がアクセントになります。小剣のデザインと小物を合わせれば、ワンランク上のコーディネートが完成。もちろんループに通してひとつのデザインとして使用することも可能なので、オンオフの切り替えにもぴったりです。

 

『ハートタイ&ナッツタイ』

 

Posted by giraffe on Tuesday, 16 January 2018

 

バレンタインのプレゼントにぴったりなハート柄と、遊び心満載のナッツ柄のネクタイ。どちらも小剣は板チョコをイメージした柄になっていて、ちいさなgiraffe(ジラフ)が散りばめられたキュートなデザインです。

 

 

『ginzaタイ』

 

5月25日(水)に放送されたテレビ朝日の『マツコ&有吉の怒り新党』でgiraffe東急プラザ銀座店限定のginzaタイが紹介されました!

ginzaタイは限定商品のため残念ながら売り切れてしまいましたが、夏におススメの、ニットタイや自分で…

Posted by giraffe on Wednesday, 25 May 2016

 

giraffe(ジラフ)東急プラザ銀座店のオープンを記念して限定で作られた、地下鉄の路線図をデザインしたネクタイ。小剣は銀座近辺を走る電車をイメージしたカラフルなデザインで、ビジネスファッションに遊び心とアクセントを加えてくれます。

 

 次ページ:giraffe(ジラフ)がこだわるMADE IN JAPAN

 

1

2

関連記事

  1. 『花椿』とは?時代と共に進化する資生堂 広報誌紹介

  2. まるで舞踏会 !ファッションの祭典「メットガラ」

  3. 舘鼻則孝 ヒールレスシューズがつなぐ伝統文化と現代アート

  4. バティック インドネシアが誇る伝統のテキスタイル

  5. 川久保玲  COMME des GARÇONSと共に挑戦し続けるデザイ…

  6. デザイナー・ヨーガンレール 自然と共に生きた人生

  7. アイリス・アプフェル 96歳のファッショニスタって?

  8. コンバースを自分好みにカスタマイズ! White atelier BY…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。