おすすめ瞑想アプリ4選!編集部が実際に使ってみました

座禅を組んで呼吸に集中し、精神統一する「瞑想」。「マインドフルネス」とも呼ばれ、心身への効能があるとして注目を集めています。瞑想は仏教の修行のひとつであり、以前は一般の人にとって馴染みがないものでした。ところが、Googleが同社のプログラムに取り入れたことをきっかけに西欧で一気に広がり、日本にも逆輸入される形で近年注目を浴びています。

瞑想の効果には、ストレスの軽減、集中力の向上、脳の活性化などがあるとされています。コロナウイルスの影響がいつまで続くか分からず、閉塞感と不安が蔓延している昨今。そんな時こそ、瞑想で心を空っぽにして、「今」に集中することも必要ではないでしょうか。

瞑想というとお寺や静かな場所に集まって複数人で取り組むイメージがありますが、たった1人でも、どこでも瞑想できるようサポートするアプリが数多く登場しています。そこで、編集部が実際に使ってみて厳選した4つのおすすめアプリをレポートします。

 

おすすめの瞑想アプリ① Relook

瞑想の研修事業などを手掛けるRelook株式会社が開発した、瞑想アプリのRelook。心地よい音楽に合わせて、語り手がゆったりとした調子で「息を深く吸って」「力を抜いて」など指示を出してくれます。

「気持ち良く眠りに入るために」「孤独と付き合う」「朝一の頭スッキリ瞑想」「育児・家事をこなす自分をねぎらう」など気分や体調に合わせて瞑想プログラムが選べます。5〜10分で終わる瞑想プログラムも多いため、お休み前や起床後の隙間時間を使って手軽に取り入れることができます。

また、1週間や10日などの数日間の瞑想プログラムも。自分だけのカリキュラムをつくることもでき、不眠やストレスなど改善したいことを選んでいくと、あなたの悩みに沿った数日間の瞑想のプログラムをつくってくれます。

1週間の無料期間の後、年間4800円で利用できます。月間プランは月580円で、その場合無料期間は3日間になります(2020年4月現在)。

おすすめの瞑想アプリ② Meditopia

続いての瞑想アプリ「Meditopia」は、アプリを開くと画面上部に「気分はどうですか」と表示され、「疲れた」「満たされている」「落ち着かない」などその日の気分を選ぶと、おすすめのプログラムを表示してくれます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The #1 Meditation Coach🧘‍♂️(@meditopiapp)がシェアした投稿


Meditopiaも、数日用と単発用の瞑想プログラムを用意。いずれも「人間関係」「集中力」などさまざまなテーマから選ぶことができます。各瞑想プログラムは5〜10分が多く、ゆったりとしたBGMに合わせてナレーションが流れます。ナレーションの話し口調はRelookと比較すると少し早めです。

また、Meditopiaは睡眠のためのプログラムが充実しています。「雨ニモ負ケズ」「山月記」「草枕」など、誰もが知る物語や詩の朗読があるほか、BGMも充実。眠れない夜のお供になります。

1週間の無料期間の後、年間4000〜6800円で利用できます。1週間、3ヶ月、半年単位でも選べ、値段はコースによって異なります(2020年4月現在)。

おすすめの瞑想アプリ③ Cocorus

Cocorusは、仰向けの状態でリラックスして実施する「ヨガ二ドラー」という種類の瞑想プログラムを取り揃えています。ヨガ二ドラーとは、「眠りのヨガ」とも呼ばれ、睡眠と覚醒状態の間に瞑想を取り入れることで、潜在的なストレスの解放を目指します。眠る前や、休日のリフレッシュにおすすめで、Cocorusのヨガニドラーの各プログラムは20〜40分です。もちろん、5〜10分程度の短い瞑想プログラムも多くあります。

Cocorusの特徴は、僧侶やセラピストなど、さまざまな瞑想の専門家が監修していたり、声優のナレーションがあったりと、プログラムのバリエーションが豊富なことです。自分のお気に入りの監修者や声を見つけるのも、瞑想を続けるモチベーションになりそうです。

また、ASMRが充実しているのもCocorusのユニークな点のひとつ。ASMRとは、Autonomous Sensory Meridian Responseの略で、日常でよく耳にし、聞いていて心地良い音の総称ですものが擦れたり、当たったり、動いたりする時に出る音や、ささやき声、咀嚼音などが含まれます。

Cocorusでは、ナッツを刻む音や、シェービングクリームを泡立てる音、鉛筆で書く音、炭酸水を注ぐ音、キーボードタイピングの音など、さまざまな音を聞けます。ASMRが好きな方には一番おすすめのアプリです。

1週間の無料期間の後、年間4800円で利用できます。3ヶ月プラン、6ヶ月プランもあります(2020年4月現在)。

おすすめの瞑想アプリ④ Headspace

イギリス生まれで、世界中で6000万人が使っている瞑想アプリ「Headspace」。現在対応している言語は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、ポルトガル語のため、いずれかの言語がある程度分かる方でないと難しいかもしれません。ただ、使われる言葉は決まっており、難解な単語が出てくるわけではないので、日常会話レベルが理解できれば問題なく使えます。

Headspaceは、とにかくアプリのデザインがかわいいです!やわらかいトーンの色合いで統一されており、登場するキャラクターも愛嬌たっぷり。全体的に絵本のようなタッチで、開くのが楽しくなるようなデザインです。また「体の感覚を研ぎ澄ます」「自己認知」など、瞑想をより充実させるための方法を説いたアニメーションの動画もあり、瞑想が初めての人も安心して取り組めまる工夫がされています。

また、瞑想プログラムのバリエーションも豊富。1〜3分など短時間のエクササイズから、流したまま寝られる500分(!)のナイトラジオまで、幅広く用意。単発のプログラムはもちろん、1ヶ月近くに渡って取り組む瞑想のカリキュラムもあります。また、エクササイズ動画も用意されているため、パソコンやテレビに映してトレーニングもできてしまう優れものです。

2週間の無料期間の後、年間4800円、月間プランだと月480円で利用できます(2020年4月現在)。

 

不安な時こそ瞑想アプリでリラックス

コロナウイルスの影響の感染が広がり、社会の先行きや自身の将来に不安を抱えている方も多いことと思います。ですが、不安や心配にばかり考えを巡らせていては、気持ちが落ち込むばかりで良いことはありません。不安なのはきっとみんな同じ。今できることに集中し、時には頭を空っぽにしてリセットすることも大切です。こんな時こそ、自分に合う瞑想アプリを活用して、自己成長につなげてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. おもしろ文房具を一挙公開 アイデアグッズで日々を楽しく

  2. 佐藤雅彦の作品3選『ピタゴラスイッチ』『だんご3兄弟』の生みの親とは

  3. おしゃれなキッチン用品紹介!ギフトにもぴったりの12選

  4. 一輪挿しのおすすめ5選 手軽に花のある暮らしを

  5. カラーワークス 色をカスタマイズして彩のある生活を

  6. Yosi Horikawa作品紹介 気鋭の「サウンド・クリエイター」と…

  7. JINS渋谷店  新しい「見方」を発信するJINS旗艦店

  8. 写真家・ヨシダナギ 「カッコいいアフリカ」を伝える 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。